自律神経とは活動と休息を主る神経です|バランスよく働いて体調を整えます

自律神経失調症専門の今日堂漢方薬局。自律神経失調症でお悩みの方はご相談下さい無料電話相談・095−823−8805



(株)こんにちどうやっきょく
自律神経失調症専門
今日堂漢方薬局

無料漢方相談 / 携帯からもOKです
095−823−8805
自律神経チェック メール漢方問診表 メールの問い合わせ FAXからのご相談
自律神経失調症専門今日堂薬局 > 自律神経失調症とは
 

 
■ 自律神経とはどのような神経  

自律神経とは活動と休息を主る神経です|バランスよく働いて体調を整えます

 自律神経の働き
 自律神経には交感神経と副交感神経の二つの神経があります。
 一方が内臓の働きを高めもう一方がその働きを抑えます。
 2つの神経がバランスを取って内臓の働きを上手にコントロールしています。
 心臓の他胃腸・目の涙腺・瞳孔・口の唾液腺・気管支・食道・
 副腎・生殖器・膀胱なども自律神経によってコントロールされています。

 自律神経について 自律神経の交感神経と副交感神経のコントロールがうまくいかないと
 色々な症状が現れてきます。
 いわゆる自律神経失調症の大部分の人は身体がだるいとか、疲れる、頭が重い、よく
 眠れない、心臓がドキドキする等という様々な訴えを持っています。しかし、よく検査しても病
 気やハッキリした異常が認められない場合が多く、本来の意味では病気ではありません。
 精神的なストレスや不眠などによって軽いうつ病か神経症(ノイローゼ)になっている人がほと
 んどです。

 また思春期や更年期など、内分泌ホルモンの偏重をきたしやすい時期に、起こりやすい傾向
 も見られます。さらに、高血圧や低血圧、動脈硬化症、糖尿病などの全身的な病気や神経
 系の病気が引き金になって起こることもあります。

 
 

自律神経失調症の症状は4つのタイプに分類できます。

自律神経失調症の種類       原因・特徴
本態性自律神経失調症 元々持っている体質によるもの。虚弱体質や低血圧の人に多い。
神経症型自律神経失調症 感受性が敏感すぎて少しの精神的ストレスでも体調を崩してしまうタイプ。
心身症型自律神経失調症 ストレスが原因でもっとも多い。まじめな性格の人がなりやすい。
抑うつ型自律神経失調症 心身症型がさらに進行してうつ状態がみられるタイプ。
http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/201008/jiritsusinkei.html
 
主な症状
    「1」 頭 の 症状
         (1)頭痛      
           (A)緊張性頭痛    
           (B)片頭痛
           (C)群発頭痛   
         (2)頭重感    
    
   「2」 耳 の 症状           
         (1)耳詰り   
         (2)耳鳴   
         (3)難聴  
 
   「3」 目 の 症状
         (1)目が疲れる 
         (2)目が開かない 
         (3)涙目     
 
   「4」  口 の 症状 
         (1)口中が痛い     
         (2)口中が乾く     
 
    「5」  喉 の 症状 
         (1)異物感
         (2)圧迫感
         (3)喉が詰まる
 
  「6」胃腸・吐き気
          (1)下痢・便秘
          (2)ガス・腹が張る
          (3)吐き気
  「7」心臓・血管の症状 
          (1)動悸
          (2)不整脈       
          (3)血圧の異常     
          (4)立ちくらみ 
 
   「8」肺・呼吸の症状
         (1)息切れ     
         (2)息苦しい
         (3)酸欠感         
         (4)胸が痛い
 
   泌尿器の症状
         (1)頻尿      
         (2)残尿感     
          (3)尿の出が悪い      
 
  「10」生殖器の症状  
         (1)インポテンツ       
         (2)外陰部の痒み     
         (3)生理不順       
         (4)更年期障害    
 
   「11」  手 の 症状
         (1)しびれ       
         (2)冷え     
         (3)感覚異常    
         (4)レイノー氏症状  
         (5)ほてり  
 
   「12」  足 の 症状 
         (1)しびれ      
         (2)冷え 
         (3)痛み
 
   「13」筋肉・関節の症状 
          (1)肩こり 
          (2)腰痛   
          (3)関節が痛い   
 
    「14」皮膚の症状
     (1)乾燥
         (2)多汗   
         (3)痒み  
 
    「15」身体全体の症状
         (1)疲れ易い   
         (2)手足の倦怠感
         (3)めまい        
         (4)微熱   
         (5)不眠    
         (6)フラフラ感  
         (7)フワフワする 
         (8)食欲が無い  

疑問にお答えします。

 「  自律神経失調症の疑問にお答えします。
 」

     自律神経失調症についてのよく有る質問とお答えです。


   

  ょっと一言 !  今感じていらっしゃる疑問にメールでお答えします。
   

 お問い合わせ:今、抱えている症状についての
 疑問にお答えします。

自律神経失調症に限らずどのような病気のご質問でも結構です。


自律神経チェック:ご自分で自己チェックできます。
送信していただければ、返信を差し上げます。


 メール漢方問診表:病気についてより詳しいご相談を
受けています。


 ■漢方薬の改善例: 実際に漢方薬を服用されて
改善された方の結果を説明
して有ります。


       

皆さんのご相談に直接お答えします。

  
 
無料漢方相談/携帯からもOKです
 
095−823−8805
          


          FAXの相談も受け付けています。
            
095−823−8816
        
         お手紙のご相談もお受けします
          
貴方のお手紙を送って下さい

      〒850−0841 長崎市銅座町14−23今日堂ビル1F
 

     

ブログを読んでみませんか。店主のブログ

                
ツイートしませんか。
     
               
この記事をシエアーしませんか。
     


                
さまざまな心の病気・健康についてのブログです。
    

 
  



  

   

漢方薬の効果
・漢方薬の改善例

 ・今日堂薬局の特徴
 ・漢方とは
 ・自律神経失調症とは
 ・自律神経失調チェック
 ・メール漢方問診表
 ・お問合せフォーム
 ・自律神経失調Q&A
 ・症状の説明
 ・漢方薬調合の流れ
 ・前立腺炎、肥大症
 ・手作りのお薬
 ルミンA
FAX相談
 ・お買い物方法
 ・お支払方法
 ・お届け方法
 ・返品について
 特定商取引法表示
  ・営業時間・定休日
薬局ご案内
 ・薬局概要
 ・店主プロフィール
 ・リンク集
プライバシー
 ・サイトマップ
 

自律神経の病気
   
病名のご説明
  
 ・神経科/神経とは
 神経症/病名
 ・神経症その2
 ・胃腸科/病名
 胃腸科/その2
 ・循環器科/病名
 ・婦人科/病名
 ・婦人科その2
 ・耳鼻科/病名
 ・泌尿器科/病名
 ・皮膚科/病名
 ・整形外科/病名
  ・眼科/病名
  ・肺呼吸器/病名


自律神経失調症
    症状のご説明
 
   ・<頭 の症状>
  ・<耳の症状> 
  <  の症状 >  
  < の症状 >
  < のど の症状 >
  <胃腸・吐気 >
  <心臓・血管の症状>
  <肺・呼吸症状  >
  <泌尿器 の症状>
  < 生殖器の症状 >
  <  の症状 >
  < の症状 >
  ・< 筋肉・関節  >
  < 皮膚の症状 >
  < 身体の症状 >


  *SNS*
  情報交流広場


 ・ 店主のブログ
 
 
 ・ 
 ・topics